Consulting受託実績紹介

  • ホーム/
  • 受託実績紹介/
  • 地震情報・被災度情報によるビッグデータを活用した防災ネットワークシステムのモデル事業

依頼主:
総務省
提案者:
株式会社ミサワホーム総合研究所
実施場所:
徳島県内(40カ所)
事業概要
  1. ①被災度判定計を用いた防災ネットワークシステムモデル:住宅・学校・病院・行政・避難所に設置した被災度判定計で地震発生後の被災度を自動判定し、自治体はその通知された被災度データを参考に被害エリアを特定し、効果的な復旧対応並びに復旧対策の実施
  2. ②周辺の災害情報通知モデル:気象庁や県・市町村情報を通知
  3. ③安否確認モデル:高齢者の見守り / 被災時の安否確認 上記の地震・被災度情報を家族や市民、県・市町村、住宅会社等で共有化
主な業務
  • 防災ネットワークシステムの拡大、応用
  • 被災度判定システムの適用
  • 情報利活用に関する開発
木質材料・接着に関する研究
関連研究テーマ
防災・構造・材料・耐久技術

Disaster prevention, structure, materials and durability technology防災・構造・材料・耐久技術

関連リンク先