award
行ってみよう

はじめに

  • ヒヤリハットとは

    ヒヤリハットとは

    「ヒヤリハット」とは、事故になってもおかしくなかった状況を「冷や汗かくーヒヤリ」と「声も出ず息をのむーハット」で表した造語です。

  • 家庭内事故の恐さ

    家庭内事故の恐さ

    安心できるはずの家庭内では、年間1万件を超える死亡事故とその何万倍もの事故が起こっています。

  • 目的・使い方

    目的・使い方

    「ヒヤリハットさんちへいってみよう」で親子一緒に家庭内事故を学び、より安心して過ごせる我が家を実現しましょう。

ヒヤリハットとは

「ヒヤリハット」とは、事故になってもおかしくなかった状況を「冷や汗をかくーヒヤリ」と「声も出ず息をのむーハット」で表した造語です。
ひとつの事故の影には多くの類似した「ヒヤリハット」事例が潜んでいるとされ、製造現場や医療現場などで事故防止や安全管理に活用されています。 特に子どもの事故については、1件の重大事故の影に膨大な事故の兆候=「ヒヤリハット」が存在すると考えられています。 小さな「ヒヤリハット」を見逃さず対策につなげることが痛ましい事故の予防となります。

ヒヤリハットとは

家庭内事故の恐さ

年間1万件を超える死亡事故が安全なはずの家庭内で起こっています。その中でも子ども(14歳以下)の家庭内事故による死亡者数は交通事故によるものよりも上回っており、 子どもの一大死亡原因となっています。さらに、死に至らなかった家庭内事故はその何万倍も起こっていると考えられます。しかし、これらの事故は、 「注意力の問題」や「親の責任」など個人の問題として片付けられてしまうため、社会全体の問題として対策・改善が取られることは少なく、毎年同じような事故で同じくらいの人数が死亡しているのです。

家庭内事故の恐さ

目的・使い方

ヒヤリハット」とは、事故になってもおかしくなかった状況を「冷や汗をかくーヒヤリ」と「声も出ず息をのむーハット」で表した造語です。
ひとつの事故の影には多くの類似した「ヒヤリハット」事例が潜んでいるとされ、製造現場や医療現場などで事故防止や安全管理に活用されています。特に子どもの事故については、 1件の重大事故の影に膨大な事故の兆候=「ヒヤリハット」が存在すると考えられています。小さな「ヒヤリハット」を見逃さず対策につなげることが痛ましい事故の予防となります。

目的・使い方
行ってみよう

ようこそヒヤリハットさんちへ!
とにかくこのいえは、
ヒヤリとすることハッとすること
そう、「ヒヤリハットなこと」が
たくさんおこるんだ。
いったいどんないえなんだろう!
ヒヤリハットなことを
さがしてみよう。

おしょうがつ

house1

ヒヤリハットをさがしてみよう

としの はじめの おしょうがつ。
しんねんかいが はじまった。ワイワイ ガヤガヤ たのしそう。
でも ドアを あけるときは きをつけて。
とけいの でんちは いたずらしないでね。
あっ! いつのまにか あかちゃんが ひとりでかいだんに!
タバコは ぜったい さわらないで!
まだまだ ヒヤリハットなことが たくさんあるから
みつけて ちゅうい してあげよう!

にゅうがくしき

house2

ヒヤリハットをさがしてみよう

まちに まった いちねんせい。
にゅうがくしきの あさは、
ソワソワ セカセカ おおいそがし。
あ! おもちゃの トラックが! きをつけて。
アイロンは でかけるまえに ちゃんときってね。
あんまり あわてると・・・ツルリ! ドスン!
そんなに トイレを のぞきこんだら おちちゃうよ!
いたたっ! ゆびを はさんだ こが いるぞ。
こんな あさは、 ヒヤリハットなことが いっぱい かくれてる。

なつやすみ

house3

ヒヤリハットをさがしてみよう

いなかで すごす なつやすみ。おじいちゃんちで だいぼうけん。
どま いろり やねうらべや。めずらしいものが いっぱいだ!
でも みなれない どうぐは いたずらしたら あぶないよ。
かまで くさかり、てを きらないで。
おっとっと また つまずいているよ。
あっ! かとりせんこうに さわりそう!
いなかの おうちも きけんが いっぱい。
いつもと ちがう ヒヤリハットなことが まだまだあるぞ。

クリスマス

house4

ヒヤリハットをさがしてみよう

ゆきが しんしん。 きょうは クリスマスパーティーだ。
でも したくに むちゅうに なりすぎて・・・。
おっと とだなの ドアで あたまを ゴツン!
キッチンマットで うっかり ズルッ!
こらこら! そんなに はしりまわると ヒーターに ぶつかるよ。
きをつけて! あかちゃんが ツリーの かざりを ねらってる!
もうすぐ いちねんも おわりと いうのに、
なかなか おわりそうもない ヒヤリハットなこと・・・。