• ホーム/
  • トピックス/
  • 北海道・長沼町のふるさとテレワークの拠点 「ながぬまホワイトベース」が完成
キーワードから探す

北海道・長沼町のふるさとテレワークの拠点 「ながぬまホワイトベース」が完成

  • LINEに送る

  1. ○ミサワホームグループと北海道長沼町、地元民間企業などとの共同プロジェクト
  2. ○観光需要活性化のため、旅行業者のサテライトオフィスや情報発信拠点として整備
  3. ○地域特性を踏まえたミサワホームグループのまちづくりノウハウを生かし、地方創生に貢献

ミサワホームグループのシンクタンクである株式会社ミサワホーム総合研究所(本社 東京都杉並区/代表取締役社長 内田和明)とミサワホーム北海道株式会社(本社 北海道札幌市/代表取締役社長執行役員 小野昌幸)が北海道長沼町及び一般社団法人ながぬまなどと整備をすすめていたテレワーク拠点「ながぬまホワイトベース」が、このたび完成しました。

ミサワホームグループは、2017年3月に長沼町と「まちづくり包括連携協定」を締結し、産官学連携をベースに住民の協力も得ながら、町の活性化に向けた取り組みを進めています。そうした中で、テレワークの仕組みを利用し、地方のサテライトオフィス等を活用して都市部の仕事を行う働き方である「ふるさとテレワーク」についても検討を進めてきました。昨年7月には町内の民間事業者所有のログハウスで実際にテレワークを実施し、サテライトオフィスとしての利用可能性を検証しました。これらの取り組みをもとに完成した「ながぬまホワイトベース」は、総務省の「平成30年度ふるさとテレワーク推進事業」に採択された「北海道ながぬまホワイトベース推進プロジェクト」の一環で整備したテレワーク拠点です。
建物は空き店舗をリフォームしたもので、テレワーク環境について調査・研究を進めてきたミサワホーム総合研究所が基本コンセプトを策定しました。室内は、集中して働ける個室や2~3人でのリラックスした打ち合わせに向くバーカウンター、クリエイティブなディスカッションを促進するオープンスペース、遠隔地とのTV会議を行うスペースなど、目的別に空間を使い分けられる快適なオフィス環境を整えました。さらに、誰でも時間単位で利用できるコワーキングスペースや、地元の特産物を使ったイベントを想定したカウンター付きキッチンを設けることで、町への来訪者と地域の人が交流しやすい施設を目指しています。
長沼町は新千歳空港から車で約30分という立地にあり、豊かな自然環境をはじめ、温泉やゴルフ場、スキー場といった豊富な観光資源をもつ町です。「ながぬまホワイトベース」には旅行業者が常駐し、農業・農村体験を中心としたグリーン・ツーリズムなどに携わる地元住民と連携します。現地でしか入手できないお薦め情報のタイムリーな発信やアテンド業務も行うことで観光客の満足度向上を目指します。

今後、ミサワホームグループは「ながぬまホワイトベース」の運用サポートを続けるとともに、地域活性化のための基本計画の策定支援や病院・観光施設のリニューアル、廃校になった小・中学校の活用提案など町の保有資産を活かした魅力あるまちづくりに貢献していきます。


■「北海道ながぬまホワイトベース推進プロジェクト」概要

  • <参加者>
  • 北海道長沼町、合同会社マスケン、一般社団法人ながぬま、ミサワホーム北海道株式会社、 株式会社ミサワホーム総合研究所

  • <取り組み概要>
  • ・夏季は農業・農村体験を中心としたグリーン・ツーリズム、冬季は雪と寒さ体験を軸としたホワイト・ツーリズムに取り組み、通年での観光客の獲得と拡大を目指す。
  • ・旅行会社の常駐テレワークオフィスとして「ながぬまホワイトベース」を整備し、地元ワーカーと連携することでタイムリーな情報発信とアテンド業務の効率化をすすめ、観光客の満足度の向上を図る。
  • ・映像コンテンツ事業者が駐在し、町のロケーションを生かした CM・テレビ等の企画・編集を行い海外にも発信することで、インバウンド観光客の獲得を目指す。